PB-100の宇宙の中の人
PBロッキーの日記

電子ジャーが逝く

そろそろ、決着をつけようじゃないか…

ど~も、PBロッキーです。

このほど、電子ジャーが壊れてしまったようで、ご飯に芯が酷く残ります。こいつは一人暮らしが始まった時に購入し、10年来の付き合いです。

一度は水の加減がまずかったか?とも考え、2度目は気をつけて炊いたのですが相変わらずです。

早々ですが故障という結論を下し、先日は新しいジャーの手配をいたしました。幸い実家に余っているジャーがあるのでそれを送ってもらうだけですみます(^^;

僕は、家電については廃棄の踏ん切りが遅いほうで、自力修理の可能性を模索することしばしばです。しかし、今回はまずいご飯を食べつづけるのがさすがに辛く、早々に根を上げました。

僕はたいてい何でも美味しい性質でございますが、芯の残るご飯は士気を削ぎ、せっかくの連休中ももそういえばなんだかあまり元気がございませんでした。

このたびは、乾燥してカチカチの状態で売っているあの炭水化物を、誰がやってもふっくら美味しく炊いてくれる、電子ジャーのありがたさを思い知りました。

ではでは。