PB-100の宇宙の中の人
PBロッキーの日記

TinyRPG縦断レビュー『アルクスC-2』後編

RUN STOP DEG
A r x

それでは、前回からだいぶ間をあけてしまいましたが、Tiny RPG縦断レビュー その 1 の『アルクスC-2』後編をお送りいたします.

タイトル
タイニーRPG アルクスC-2
作者
滝本飛沫
発表
マイコンベーシックマガジン 1987年 5月号

ゲーム画面の紹介

『アルクスC-2』はフィールド探索型の移動システムを採用しています.10x10マスのフィールドを探索しつつプレイヤーキャラを育てます.

RUN DEG
p H q : 0 0

スタート地点のお城.[5]で中に入ると経験値によってはレベルアップ(HPが上昇)します.

RUN
DEG
Y
_
Y
:
2
1

フィールドの多くは鬱蒼と続く森林です.[2][4][6][8]キーで移動します.

RUN DEG
Y Ω Y 1 0 2 4

敵に遭遇しました。[1]で攻撃、[3]で退却です.

敵は抵抗軍の他にこの地方に生息するモンスターも出現するようです.残念ながら敵キャラクターの名前はマイコンベーシックマガジンでは明かされていません.

RUN DEG
q M p : 5 5

フィールドの中間地点にあるお城.[5]で中に入ると現在の経験値を確認できます.また経験値によって攻撃力が上昇します.

RUN STOP DEG
Y ° Y W o n 6

HPは戦闘の終了後に上限まで回復します.

序盤の展開は、HPと攻撃力をあげる二つの城砦の行き来が主となります.テンキーでの移動やHPの自動回復のおかげでテンポよく進行します.

ゲームの位置付け

『アルクスC-2』は Tiny RPG のさきがけとなった作品でありながら、後の作品にも継承されるゲームシステムの完成度を達成した良作となっています.

また作品の解説文中で(おそらくは)初めてPB版論理和・論理積について言及されます.1 ステップに命を削る、その後のPBプログラミング技術成長期の萌芽といえる、技術的なターニングポイントも見て取れます.

次回のタイニー RPG 縦断レビューはアルクス C-2 の続編、三角迷路です.お楽しみに!

告知 1

ちなみにこのページのイメージですが、PB Display Image Makerのテスト稼動がいよいよはじまりました.近日中に皆様に触っていただけるかたちでの公開をいたします!

告知 2

PBロッキーのTwitterをはじめました.ぜひ、フォローのほうよろしくお願いいたします.http://twitter.com/pbrocky