PB-100の宇宙の中の人
PBロッキーの日記

TinyRPG縦断レビュー 三角迷路

TinyRPG縦断レビュー第3回(2作品目)

RUN STOP DEG S a n k a k u M a z e

続いての作品は、前回と同じく滝本飛沫氏の手による『三角迷路』です。前作『アルクスC-2』の39年後の物語が紡がれます。これも前作と同じくマイコンBASICマガジンに『アルクスC-2』から5ヶ月を空けて掲載されました。

これまでのTinyRPG縦断レビュー

ゲームシステム・探索

RUN DEG : 8

移動画面.進める方向とHPが表示されている.2468キーで移動できる.

移動システムは前作の野外型(フィールド・タイプ)から、迷宮型(ダンジョン・タイプ)になっています。これにより、『アルクスC-2』ではゲームの主な舞台が要塞(アルクス)の周辺であったのが、今作では要塞(アルクス)の内部へと移っています。

この時代、PB-100によるダンジョン表現はいくつかの先行する作品がありましたが、ノーマルPB-100の544stepsで実現している点は特筆に価します。技術的には当時の最高水準といっていいでしょう。

ゲームシステム・戦闘

戦闘システムはルーレット方式という独自なシステムを採用しています。自身の攻撃力はルーレットで決定し、敵よりも多かった場合は勝利。低かった場合はLoseとなってHPにマイナス1されます。

RUN DEG Ω 5 : 6 1

敵に遭遇.Zキーでルーレットを止める.一発勝負だ.

RUN STOP DEG @ 7 : 8 W o n

きわどい勝利!

RUN STOP DEG L v 2

レベルが上がった!

攻略法と所感

後半のレベルアップがかなりきつめに設定されていることもありボスである反乱軍指令には苦戦を強いられるでしょう。最高の攻撃値がでるまで何度も挑戦することになりますので、ゲーム序盤からHPの温存に留意したいところです。僕は2回のゲームオーバーの後にようやくクリアできました v(^-^;

また、要塞のマップは一方通行やワープ、視界の効かない通路が設定されていてデータ容量の制約がある中でも歯ごたえのあるものとなっています。眠っていたマッピング魂に火のついたひとときでした。